スキップしてメイン コンテンツに移動

盃の 6

蠍座の太陽、10°──20°
31. 喜び

《ブック T》“Book T”

前と同じく天使のような手が、6 つの花が咲くロータスの茎の束を掴んでいる、花はそれぞれのカップを覆っている。これらの花から、泉のように白く濡れて光る水がカップの中へと流れ込むが、カップはまだ満たされていない。上と下には居住地を示す太陽と蠍座のシンボル。
しっかりと安定した増大の始まり、獲得と喜び、しかし始まりというに過ぎない。また、侮辱、欠陥のある知識、場合によっては、根拠のない自己主張や虚栄心から起こる、口論や衝突。時に感謝の気持ちに欠け厚かましく高慢。時に友好的で我慢強い、品位による。
ה(ヘー)のティファレト(願いや望みの始まり、幸福、成功あるいは楽しみ)

《PKT》

古びた庭園にいる子供たち、彼等のカップは花で満たされている。過去と思い出のカード。他の解釈ではこれと観点を逆にして、新しい関係、新しい知識、新しい環境を与えること、それだから、この子供達は見慣れぬ場所で遊んでいると。

過去、思い出、振り返ること(たとえば、子供時代のことなどを)、嬉しいことや楽しいこと(ただし過去に由来するもの)、消え去ってしまった物事。

楽しい思い出。

(逆位置)未来、刷新、近々通り抜けることになるであろう物事。

突然転がり込む遺産。

《絵的な鍵》

】 【 6 】 【青空】 【】 【廃屋を出る】 【砂地】 【手袋】 【マフラー】 【少女】 【清楚で可憐な花】 【冬の花】 【フード】 【赤色】 【紅白】 【青色】 【赤い靴】 【赤いタイツ】 【】 【花束】 【子供】 【二人


👉 ラベル:盃の6

このブログの人気の投稿

逃げ出した巨大ヘビ - アミメニシキヘビの行方

5 月 6 日、横浜市の個人が飼っていた体長 3.5m のアミメニシキヘビが飼い主の家から逃走したということについて、 盃の女王 の逆位置が出た。 岬の見える砂浜で玉座に座った女性が熱心に豪華な 盃 を見つめている。 豪華な盃は巨大なアミメニシキヘビを、女性は飼い主を、それぞれ表しているようである。 飼い主が人様の迷惑にならないようにと必死でヘビを探している様子が、 盃 を熱心に見つめている姿に現れている。 ヘビはどこかの川縁か海辺か、いずれにしても水辺にいるのは間違いなさそうである。しかし、逆位置であることを考えると、下水や排水溝に落ちてしまったのかもしれない。 追記:5 月 21 日の夕方に発見されないまま捜索打ち切りとなったが、翌 22 日に専門家によって 飼育されていた部屋の屋根裏にいたのが発見された 。 よく観察すれば玉座の背後の頭上(ヘッドレスト)にナーガ(ヘビ)がおり、天上裏にいたということが分かる。 そして逆位置であったことは、飼い主をはじめとする人々(女王)が間違った方向(水辺)を探しているということを示していたのだろう。 もしくは、警察が一度捜査したが、ちゃんと探せていなかったということも、逆位置に表われていたと見ることができるのかもしれない。 今回のリーディングは失敗したが、カード自体は結局妥当なものだったので、一つの良い勉強になった。今後もこのような試みができる機会があれば、続けていきたいと思う。