スキップしてメイン コンテンツに移動

IX. 隠者

66. 光の声のマグス、神々の預言者/י/乙女座(“Book T”)

《大まかな意味》“Tabulated Rules”

探し求め上から得られた知恵。神憑りの霊感(恋人たちとは対照的に受動的ではなくアクティブ。)神秘的な資格として、隠者、司祭長、魔術士は 3 人のマギである。

《PKT》

思慮分別、慎重;さらに特殊なものとして、裏切り、偽装、悪事、改悪。

(逆位置)隠蔽、変装、信条、恐れ、理由なき警戒心。

《カード占いの手引き》“A Manual of Cartomancy”

I. 思慮分別の世界
用心、安全、防御;明白な知恵;なので孤独;超然;思慮分別の道;賢明さ;真実の探求
II. 順応の世界
禁欲主義、拒否、無関心;それらの結果による状態;啓発の光;自ら孤独を選んだ人は他者を導く;主義信条
III. 目標達成の世界
王(至高のもの)の秘密;神聖な科学;その世界の光

《妖精の言葉》“The Quest of the Golden Stairs”

賢主──トラベル、ミステリー、スピーチ、目覚め、明確さ:“[あなたが受け取る準備ができている]残りものはあなたのものであなたに譲り渡されます”

《最後のステップ》“Steps to the Crown”

知的な想起が見出す孤独、社会生活の虚しさ──という舌で完全に語ることのできない 2 つの事柄があります。

《絵的な鍵》

9 】 【隠者】 【放浪者】 【ギリシアの四徳】 【】 【ランタン】【手招き】 【六芒星】 【高僧】 【】 【うつむく】 【左向き】 【フード】 【】 【雪山】 【高所


👉 ラベル:隠者


《タロットの切り札》“The Tarot Trumps”

思慮分別。これら 3 枚(魔術士、司祭長、隠者)のトランプは、イニシエーションの 3 つの段階を表すものとして学び、比較研究されるべきである。フードを被りマントを着た人物が、小道を照らすランタンを下げ、歩行を助ける杖をついている。彼は永遠の探求者で、巡礼の魂である。彼のフードとマントはアース・ブラウンで、彼の頭上は夜空である。しかし、繊細なイエロー・グリーンと春の青みがかったグリーンが彼の周りを囲み、春は彼の心の中にある。

《PKT》

このカードにおける従来のモデルとの唯一の変更は、ランプの一部が持ち主のマントの内側に包まれていない点である。この持ち主は「日の老いたる者」(ダニエル 7:9)と「世の光」(ヨハネ 8:12)の概念を融合させたものである。ランタンの中で輝いているのは星である。私はこれが「達成」のカードであると(『タロット図解』の中の第 1 部で)述べたが、この考えを発展させると、この人物は彼の篝火を高所に掲げていると見ることができる。従って、この隠者はクール・ド・ジェブランの説明するような真実と正義を探し求めている賢者ではないし;彼が後の説明で提案しているような経験の特殊な例でもない。彼の篝火が暗示するのは「私のいる場所に、あなたも来るのです」というものなのである。

このカードは、個人の「気」が(他の人の「気」と)混濁するのを防ぐための、「オカルト的な隔離」の概念と結び付けられて、かなり不正確に理解されているものと、かけ離れたものである。これ(不正確な理解)は、我々がエリファス・レヴィ(の説明)に源を発する誤解の一つである。これ(誤解)は、フランスの(キリスト教神秘主義の一派)マルティニスト主義の結社によって受け入れられており、我々の一部の人は、数多くの語られざる知られざる哲学が彼(=隠者)のマントの内側に包まれており、世俗的な知識と隔てられているのだ、という話を聞いたことがあるだろう。本来のマルティニスト主義において、「知られざる哲学者」(ルイ-クロード・ド・サン- マルタンの筆名)という言葉の意味は、別の結社の(哲学者を指す)ものだった。このカードは秘密結社(=サン-マルタン本来のマルティニスト主義)、ましてやその代用組織(=パピュのマルティニスト主義のこと)の、 意図的に物事を隠蔽することを示しておらず、カードそれ自体の(真の意味の場合の)ように、真相としては、天界の秘儀が、未だ相応しくない者たちから、それ自身の(天界の秘儀による)加護を差し控える(だけな)のである。

このブログの人気の投稿

逃げ出した巨大ヘビ - アミメニシキヘビの行方

5 月 6 日、横浜市の個人が飼っていた体長 3.5m のアミメニシキヘビが飼い主の家から逃走したということについて、 盃の女王 の逆位置が出た。 岬の見える砂浜で玉座に座った女性が熱心に豪華な 盃 を見つめている。 豪華な盃は巨大なアミメニシキヘビを、女性は飼い主を、それぞれ表しているようである。 飼い主が人様の迷惑にならないようにと必死でヘビを探している様子が、 盃 を熱心に見つめている姿に現れている。 ヘビはどこかの川縁か海辺か、いずれにしても水辺にいるのは間違いなさそうである。しかし、逆位置であることを考えると、下水や排水溝に落ちてしまったのかもしれない。 追記:5 月 21 日の夕方に発見されないまま捜索打ち切りとなったが、翌 22 日に専門家によって 飼育されていた部屋の屋根裏にいたのが発見された 。 よく観察すれば玉座の背後の頭上(ヘッドレスト)にナーガ(ヘビ)がおり、天上裏にいたということが分かる。 そして逆位置であったことは、飼い主をはじめとする人々(女王)が間違った方向(水辺)を探しているということを示していたのだろう。 もしくは、警察が一度捜査したが、ちゃんと探せていなかったということも、逆位置に表われていたと見ることができるのかもしれない。 今回のリーディングは失敗したが、カード自体は結局妥当なものだったので、一つの良い勉強になった。今後もこのような試みができる機会があれば、続けていきたいと思う。